不眠症と睡眠薬

眠りたいのに眠れない、寝たのにすぐ目が覚めてしまう、そんな不眠症で悩む人は、数多くいます。

 

色々な方法で改善しようとしたけど、どうしても治らなくて、医師から睡眠薬を処方してもらったり、

 

自分で薬局で購入したりしている人も多いことでしょう。

 

 

飲んだことがある人なら分かると思いますが、

 

最初はびっくりするほどすんなり眠りにつくことができます。

 

薬によっては朝まで一度も目が覚めることなく熟睡できるのです。

 

不眠症に悩む人にとっては救世主のような存在ですよね。

 

 

確かに睡眠薬を飲めば、ぐっすりと眠ることが出来ます。

 

医師の指導のもと正しく処方すれば、

 

昔ほど怖いものではありません。

 

強い副作用が出たり、翌朝の体調が悪くなる、といった薬は少なくなり、

 

副作用の少ない安全なタイプの薬が開発されてきました。

 

 

しかしだからといって全くの無害とは言えません。

 

それに睡眠薬は不眠症自体を治療するものではなく、

 

一時的に眠りやすくしているだけです。かといって急に薬をやめてしまえば、

 

より一層眠れなくなります。

 

 

ですので、睡眠薬を利用する前には、

 

そのメリットデメリットをしっかりと理解して上で利用するようにしましょう。

 

不眠症だと言えば、医師は簡単に睡眠薬を処方してくれますが、

 

 

安易に手を出すとなかなか抜け出しにくくもなりますので、じっくり考えてみましょう。

 

 

まずメリットです

 

どうしても眠れなくて、精神的にも肉体的にも辛い、という時にはぐっすり眠れる。

 

情緒不安定になった時に、気持ちを落ち着けることが出来る。

 

 

次はデメリットです。

 

安全になったとはいえ、睡眠薬は薬ですので依存性があります。

 

一度飲み始めるとなかなか辞めることが出来ません。

 

 

それから肝臓などの臓器に強い負担がかかっていることもデメリットの一つです。

 

そして最大のデメリットは、不眠症の原因が解消されないことです。不眠症が原因で、

 

 

心が不安定になっている人には、効果的ですが、

 

ストレスやうつ病が原因で不眠症になっている場合には、

 

睡眠薬を利用しても根本的な解決になりません。

 

 

また授乳中や妊娠中は飲めませんので、

 

睡眠薬を常飲している人が急に妊娠した場合は深刻な不眠症に陥る可能性があります。

 

このように不眠症をすぱっと解決してくれる睡眠薬には、多くのデメリットがあります。

 

 

これらのデメリットが怖くて、睡眠薬を飲むことが出来ない、

 

という人は、睡眠補助サプリメントを飲んでみるのも一つの手です。

 

また止むをえなく睡眠薬を利用する場合には、

 

医師の指導を受けて、正しく服用するようにしましょう。

 

 

そうすれば、最短で不眠症を解決することができる可能性もあります。

 

 

おすすめ商品