不眠症になってしまう原因は様々な原因をまとめました

 

「中々眠れない。」「寝たのに何度も目が覚めちゃう。」「朝早く目が覚めちゃう。」

 

 

そんな辛い不眠症には原因があります。

 

その原因は不眠症で悩む人の数ほどあると言っても過言ではありません。

 

多くの人が様々な原因が組み合わさった不眠症に悩んでいます。

 

しかしその原因を突き止めなければ、不眠症は解消されませんので、

 

自分の眠れない原因が何なのか、考えてみなければいけません。

 

ここでは代表的な不眠症の原因をご紹介します。

 

 

 

まずは病気が原因の不眠症です。

 

アトピーなどでかゆくて眠れない、とか喘息で苦しい、狭心症、リウマチ、など

 

痛みやかゆみを引き起こす病気を患っていると、必然的に眠れなくなります。

 

この病気が原因の不眠症を治療するには、先に病気を治療しなければいけませんね。

 

精神的病気でも不眠症に悩まされます。

 

うつ病や統合失調症などと言った精神疾患です。

 

 

 

次は環境が原因の不眠症です。

 

暑い、寒い、うるさい、まぶしいなどの眠る環境が原因で引き起こされます。

 

人間には眠るために最適な温度、湿度、明るさがあります。

 

また布団の固さや枕の高さも重要です。

 

それらが満たされていないと、中々眠れなかったり、途中で何度も目が覚めることになります。

 

意外と軽視されがちな要素ですが、実はかなり大きなウェイトを占めています。

 

 

今一度、自分の寝室が眠るために快適な状態なのかをチェックしてみましょう。

 

ちなみに温度は夏だったら26度から28度。

 

冬は18度から23度が睡眠に適していると言われています。

 

寝る前に寝室をこの温度にしておきましょう。

 

 

 

次の原因はストレスです。

 

仕事で気になることがあったりすると眠れなくなるタイプの不眠症です。

 

他にも、姑との折り合いが悪い、子供の教育がうまくいかない、など

 

ありとあらゆるストレスが睡眠の邪魔をします。

 

数多くの方がストレスが原因の不眠症で悩んでいます。

 

しかし、現代社会においてストレスと無縁の生活をすることは不可能ですので、

 

このストレスを発散する方法を模索して、実行しなければなりません。

 

 

 

最後は薬やお酒煙草といったものが原因の不眠症です。

 

代表的なのはカフェインやタバコです。

 

覚醒させる成分が含まれていますので、就寝前に摂取すると眠れなくなります。

 

また一部の降圧剤やステロイドでも入眠が困難になります。

 

そして一番はアルコールです。

 

アルコールを摂取すると寝入りはよくなりますが、

 

途中で何度も目が覚める中途覚醒や、ぐっすり眠れない熟睡困難に陥りがちです。

 

 

 

これらの原因は1つだけではなく、複数の原因が組み合わさって

 

不眠症となっている方が多いでしょう。

 

特に、環境とストレスが原因という方が増えています。

 

この原因の中から解決できるものを見つけて、ちょっとずつ試してみましょう。

 

例えば枕を変えてみたり、お酒を控えてみたり、など出来るところから実践してみるといいですよ。

 

 

おすすめ商品