不眠症とは眠れないため体調不良を起こす状態を意味します

眠りたいのに眠れない状態は、心身ともに大きなストレスになります。

 

ここでは不眠症について解説しています。

 

 

眠りたいのに眠れない不眠症

 

睡眠に悩みを抱える方が増えているといわれています。

 

このような変化に合わせて、不眠症という言葉を耳にする機会が増えました。

 

何となく眠れないことを意味することはわかりますが、詳しく説明するとなると難しいですよね。

 

不眠症とは、

 

寝付けない・途中で頻繁に目が醒める・早朝に目が醒め再び眠れない・熟眠感が得られないなどの症状が続き、苦痛を感じているあるいは生活に支障が現れている状態を言います。

 

体調不良とともに、精神的なストレスを引き起こすので、大きな悩みになるといわれています。

 

 

不眠症は国民病?

 

大変つらい不眠症ですが、現在では日本国民の約2割が不眠症あるいはそれによく似た症状に悩まされているといわれています。

 

とはいえ、すべての年齢層で不眠症が蔓延しているわけではなく、主に30代以降から始まり高齢になるほどその数が多くなると考えられています。

 

高齢になると不眠症が増える原因として、心と体のギャップが挙げられています。

 

人の身体は加齢とともに必要な睡眠時間が減っていくと考えられています。

 

しかし、8時間以上の睡眠が健康な睡眠と考える方が多いため、眠れないことに悩む方が増えているのです。

 

心と体のギャップが生み出すストレスが緊張を生み、ますます眠れなくなるため不眠症が引き起こされると考えられています。

 

この他にも不眠症は様々な原因で引き起こされます。

 

 

不眠症を引き起こす原因

 

不眠症は様々な原因により引き起こされます。

 

その一つが環境です。

 

うるさい環境や慣れない環境、眠りにつきにくい環境などにいると、睡眠をとることが難しくなります。

 

不眠症にお悩みの方は眠りやすい環境を作ることが重要です。

 

また、生活習慣も大きな影響を与えています。

 

一般に寝つきが良くなるといわれるお酒ですが、飲み過ぎると眠りを浅くしてしまいます。

 

この他にも様々な生活習慣によって眠りが妨げられます。

 

さらに、体の不調も眠りを妨げます。

 

年配の方に多い頻尿は眠りを妨げる大きな原因になります。

 

身体の不調がある方は、そちらを治すことが重要です。

 

さらに大きな原因になりやすいのがストレスです。

 

眠れないことが気になりだすとイライラが募りさらに眠れなくなります。

 

心のコントロールも不眠症の改善に重要です。

 

 

以上が不眠症の概要です。

 

お悩みの方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめ商品