不眠症の原因は大きく4つに分けることができます

不眠症にお悩みの方の中には、その原因を理解したい方がいるはずです。

 

ここでは不眠症の原因について解説いたします。

 

 

不眠症の原因は4つに分けることができる

 

不眠症の原因は人により異なります。しかし、一つ一つの原因を分類すると、大きく4つのグループに分かれることがわかります。

 

4つの原因とは、身体的な要因・精神的な要因・環境的な要因・習慣的な要因です。

 

これらの要因のうちのいずれか一つが原因になることも、複数の要因が重なり原因になることもあります。

 

いずれにせよ、身体的な要因・精神的な要因・環境的な要因・習慣的な要因が不眠症に深く関わっています。

 

 

身体的な原因とは

 

不眠症の原因になりうる身体的な要因とはどのようなものでしょうか。

 

最も大きな身体的な要因として年齢を挙げることができます。

 

不眠症は加齢とともに悩む方が増えることがわかっています。
一般的には30代以降に多いといわれています。

 

つまり、年齢を重ねることが不眠症を引き起こす身体的な要因になります。

 

同じく、性別も不眠症を引き起こす身体的な要因です。不眠症は女性に多いことがわかっています。

 

この他では加齢とともに増える頻尿(尿の回数が多い)も不眠症の身体的な要因になりやすいでしょう。

 

同じく慢性疾患などを抱えている方は、継続的に睡眠が障害される可能性があります。

 

これらも不眠症を引き起こす身体的な要因になります。

 

 

精神的な原因とは

 

不眠症の原因になりうる精神的な要因としてストレスを挙げることができます。

 

日常生活でストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れ眠りにつきにくくなることがあります。

 

また、寝不足によっても自律神経が乱れるので不眠症につながります。

 

さらに、眠れないことがストレスになると、焦りや緊張を生み、眠れなくなります。

 

これらの精神的要因も不眠症の原因です。

 

 

環境的な原因

 

以上のほかでは環境的な原因も挙げることができます。

 

当たり前のことですが、寝付きにくい環境にいると不眠症になります。

 

騒音がひどい、暑すぎる、寒すぎる、眩しいなどの環境は寝つきを悪くします。

 

このような環境が継続すると不眠症になります。

 

また、イライラが募ればさらに眠りにくくなります。

 

 

習慣的な要因

 

上記3つとはやや異なる不眠症の原因として習慣的な要因があります。

 

生活習慣の中で眠りを妨げる行為を繰り返していると、不眠症になることを表しています。

 

例えば、寝る前にコーヒーを飲む、お酒を飲み過ぎるなどは眠りの質を低下させます。

 

また、就寝リズムの乱れは自律神経の乱れを引き起こすので、不眠症につながります。

 

これらを気づかないうちに繰り返すと、不眠症につながるかもしれません。

 

 

以上の要因が重なることにより不眠症の原因となります。

 

心当たりのある方は、少しずつ原因を取り除いていくとよいでしょう。

 

 

おすすめ商品