服用前に理解したい睡眠薬と睡眠導入薬と安定剤の違い

不眠症にお悩みの方の中にはお薬の服用を検討している方がいるはずです。

 

睡眠に関するお薬として睡眠薬、睡眠導入薬、安定剤を挙げることができます。

 

これらはどのように違うのでしょうか。

 

 

不眠症にお薬という選択

 

辛い不眠症の症状にお悩みの方は、お薬のご利用を検討するとよいかもしれません。

 

睡眠をコントロールするお薬として「睡眠薬・睡眠導入薬・安定剤」を挙げることができます。

 

いずれも不眠症の方の睡眠をコントロールするお薬ですが、働きが少しずつ異なります。

 

お薬の利用を検討している方は、事前に把握しておくとよいでしょう。

 

 

睡眠薬とは

 

睡眠をコントロールするお薬として広く知られているのが睡眠薬です。

 

飲み始めるとやめることが出来ない、使い続けると効き目が悪くなるなど、良くない評判が付きまといますが、医師の指示のもと正しく利用すれば安全に睡眠をコントロールすることができます。

 

睡眠薬とは、鎮静催眠作用の強いお薬で、作用する時間が長いもののことを言います。

 

つまり、穏やかに眠りに誘う作用が強く、その効果が長時間続くものです。

 

入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害を抱えている方に有効なお薬といえます。

 

 

睡眠導入薬とは

 

睡眠薬とよく似たお薬に睡眠導入薬を挙げることができます。

 

睡眠薬に次いでポピュラーになりつつあるお薬といえるでしょう。

 

名前からわかる通り、睡眠の導入に効果を発揮するお薬です。

 

睡眠薬と同じく強い鎮静催眠作用を期待できますが、睡眠薬に比べると作用する時間が短いといえます。

 

そのため、寝つきが悪い方に用いると高い効果が得られます。

 

また、作用する時間は短いですが、中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害といった不眠症の症状にも効果があると考えられています。

 

 

安定剤とは

 

安定剤は、睡眠薬や睡眠導入薬に比べるとやや性質の異なるお薬です。

 

これら3つのお薬には、鎮静催眠作用と精神安定作用が期待できます。

 

睡眠薬と睡眠導入薬は、睡眠と名の付くことからわかる通り、精神安定作用より鎮静催眠作用に重きを置いたお薬です。

 

安定剤は、鎮静催眠作用より精神安定作用に重きを置いたお薬です。

 

つまり、一定の鎮静催眠作用を確保しつつ不安を和らげ精神を安定させる働きが期待できるお薬といえます。

 

不眠に伴い、精神的な不安や緊張が高まっている方に効果を発揮するお薬といえます。

 

睡眠薬と睡眠導入薬、安定剤には以上の違いがあります。

 

お薬の利用を検討している方は、理解しておくとよいでしょう。

 

 

おすすめ商品