睡眠薬は毎日飲んだほうが良いの?この疑問を解決!

不眠にお悩みの方にとって、睡眠薬は頼りになるお薬です。

 

しかし、利用に当たって疑問を感じることは多いでしょう。

 

例えば、睡眠薬は毎日飲んだほうが良いのでしょうか。

 

この点について解説いたします。

 

 

睡眠薬って危険なの?

 

睡眠薬に悪いイメージをお持ちの方は少なくありません。

 

飲みだすと薬漬けになる、飲み続けると量が増える、使い方を誤ると命に関わるなど、これらの話を聞いたことがある方は多いはずです。

 

一部では医師と製薬会社が儲けるため、依存性の高いお薬を販売しているという方がいるほどです。

 

確かに、かつて利用されていたバルビツール系と呼ばれる睡眠薬は依存性と致死性の高い睡眠薬でした。

 

これらの点が問題になり、現在では安全性の高いベンゾジアゼピン系などの睡眠薬が使用されています。

 

そのため、適切な管理のもと服用すれば安全に睡眠をコントロールすることができます。

 

過去の悪いイメージを引きずる睡眠薬ですが、現在では安全に使用できるようになっています。

 

 

睡眠薬は毎日飲んだほうが良いの?

 

睡眠薬に悪いイメージを抱えていると、毎日飲むことに不安を感じやすくなります。

 

確かに、依存性や致死率が高いといわれると、飲みたくないと思いますよね。

 

先ほども紹介した通り、現在の睡眠薬は、医師の指示のもと安全に利用できるようになっています。

 

正しく服用すれば、依存してしまう可能性や量を増やさなければならない可能性は低いといえます。

 

そこで気になるのが、正しい服用方法です。

 

医師が処方するほとんどの睡眠薬は、毎日飲むことが基本です。

 

悪いイメージに引きずられず、指示を受けた通り飲むことが重要です。

 

睡眠薬の中には、突然中止すると不眠の症状が強くなるものがあります。

 

このことを理解せず勝手に服用を中止すると、睡眠薬がないと眠れないとなり、精神的に依存するきっかけになります。

 

このようなきっかけを作らないためにも、毎日の服用が勧められているものは毎日飲まなくてはなりません。

 

 

睡眠薬はいつ飲めばよいの?

 

以上の通り、睡眠薬は決められたルールを守り使用することが重要です。

 

毎日飲んだほうが良いものは毎日飲みましょう。

 

では、睡眠薬はいつ飲めばよいのでしょうか。

 

こちらもルールに従うことになりますが、基本的には寝る直前に飲むことがお勧めです。

 

多くの睡眠薬は飲んでから10分から30分程度で効果が現れます。

 

早く飲み過ぎるとふらつきなどを招き危険です。

 

 

以上の通り、原則的に睡眠薬は毎日飲むものです。

 

しかし、お薬の中には異なるものもあります。

 

ご利用になる睡眠薬のルールに従い利用するようにしましょう。

 

 

おすすめ商品