不眠症にハーブやサプリメントが効くって本当なの?

不眠症対策に、ハーブやサプリメントを活用する方がいます。

 

ハーブやサプリメントは不眠症に効果的なのでしょうか。

 

 

不眠対策に用いられているハーブ

 

不眠症にお困りの方の中には、ハーブを活用する方がいます。

 

ご存知の通り、ハーブは様々な用途で用いられている植物のことです。

 

経験的に利用されているものが中心ですが、ハーブの中には科学的に効果が裏付けられたものもあります。

 

自然志向の強い方は、不眠症の改善にハーブをお試しになるとよいでしょう。

 

不眠症と深いかかわりがあると考えられているハーブがカモミールです。

 

カモミールは、古くからお薬として用いられてきた植物です。

 

カモミールには鎮静作用があると考えられています。

 

不眠のため緊張や不安が強くなっている方は、カモミールをお試しになるとよいかもしれませんね。

 

 

不眠の対策に用いられているサプリメント

 

ハーブのほかでは、不眠対策にサプリメントが用いられています。

 

サプリメントの中でもメラトニンは特に用いられているといえるでしょう。

 

メラトニンは脳の松果腺から分泌されるホルモンで、概日リズムをもたらしていると考えられています。

 

概日リズムとは一般的に体内時計と呼ばれるものです。

 

メラトニンの血中濃度は、強い光を浴びると減少し、暗くなると増加します。

 

これにより体内時計が調整されます。

 

また、暗くなりメラトニンの血中濃度が高くなると、脈拍や体温、血圧などが低下します。

 

これらが低下した状態は眠りにつく状態です。

 

サプリメントにより不眠対策を行っている方は、外からメラトニンを補うことで、眠りにつく準備を整えようとしているといえます。

 

初めてメラトニンを利用する方の多くは、1mg〜3mg程度を利用しています。

 

服用するタイミングは、就寝から1時間前程度が多いようです。

 

 

ハーブやサプリメントは睡眠薬ではありません

 

不眠対策として以上のハーブやサプリメントなどが利用されています。

 

不眠対策をお探しの方はお試しになるとよいかもしれません。

 

ただし、ハーブやサプリメントは睡眠薬ではありません。

 

睡眠薬のように強い催眠効果はない点を理解しておかなくてはなりません。

 

逆に、はじめやすいメリットはあるので、お手軽に不眠対策を始めたいと考えている方にはお勧めできます。

 

これらの点を理解したうえで検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

不眠は精神的にも肉体的にも辛い状態です。

 

対策を立てたいと考えている方は以上を参考に行動してみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめ商品