不眠症と密接に関係するストレスに注意しましょう

不眠症とストレスの間には密接な関係があると考えられています。

 

両者にはどのような関係があるのでしょうか。

 

 

不眠症の原因

 

不眠症は、睡眠の質や量が継続的に低下することで、日常生活や体調に支障が生じた状態です。

 

この状態に陥るには睡眠の質や量が低下する原因が存在します。

 

眠る環境が悪いなどの環境的な要因や年をとることで寝つきが悪くなるなどの身体的な要因のほか、何かしらのストレスにより眠れなくなる心理的な要因も不眠症の原因に挙げられます。

 

つまり、心理的な要因にあたるストレスは、不眠症を引き起こす原因になるのです。

 

 

不眠症を引き起こすストレスとは

 

では、どのようなストレスが不眠症を引き起こすのでしょうか。

 

不眠症を引き起こすストレスは人により異なります。

 

しかし、非常に強いストレスである点は共通しています。

 

例えば、仕事上の大きなストレスも不眠症の原因になります。

 

あるいは、肉親を亡くすなどのストレスも不眠症の原因になります。

 

これらのストレスがかかると自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

自律神経のバランスが乱れると、布団に入ってもリラックスできないため眠ることができません。

 

この状態が続くと不眠症になります。

 

 

眠れない体験がさらに不眠を招く

 

ストレスが原因で眠れない経験をすると「今日も眠ることが出来ないのでは?」と心配になることがあります。

 

「今日も眠れないのでは?」と心配してしまうと、眠りにつくこと自体がストレスになり緊張を生み出してしまいます。

 

すると、布団に入ってもリラックスすることができず、不安や心配に苛まれることになります。

 

この状態になると、寝ること自体がストレスになるので、眠りにつくことができません。

 

眠りに対する心配や不安が強すぎると、もともとの不眠の原因である仕事や生活上の問題が解決していても、眠れなくなることがあります。

 

それほどストレスと不眠症は密接に関係しているのです。

 

 

心の持ちようで解決できることも

 

以上の通り、不眠症はストレスと密接に関係しています。

 

たった数日寝付けなかったことがきっかけで、寝ることがストレスになり不眠症になることもあります。

 

逆に言うと、ストレスが問題で不眠症に陥っている方は、心の持ちよう一つで不眠症を解決できることがあります。

 

同じ問題が生じても、捉え方により見え方や感じ方は全く異なります。

 

ストレスと上手に付き合うことが不眠症に陥らない秘訣といえるかもしれません。

 

ストレスが原因で不眠症に陥る方は少なくありません。

 

誰にでもきっかけはあるので他人事と考えないほうが良いでしょう。

 

ストレスそのものを避けることは難しいので、ストレスをコントロールする方法を身につけることが大切といえそうです。

 

 

おすすめ商品