不眠症とうつ病には密接な関係があります

不眠症は、うつ病と密接な関係があります。

 

具体的にどのような関係があるのでしょうか。

 

 

不眠症とうつ病は国民病?

 

現在の日本社会では、5人に1人が睡眠に関して悩みを抱えているといわれています。

 

大変多くの方が睡眠に悩みを抱えていることがわかります。

 

同じく、うつ病も多くの方を悩ます病気です。

 

こちらは約100万人が医療機関を受診しているといわれています。

 

これらのことからわかる通り、不眠症・うつ病とも現代人にとって無視できない病気となっています。

 

さらに、この二つには密接な関係があることがわかっています。どのような関係があるのでしょうか。

 

 

不眠症とうつ病の関係

 

社会生活を送る中で、誰でも嫌な経験をするものです。

 

しかし、しっかりと睡眠を取り休息すれば回復することが少なくありません。

 

ところが、不眠症の方は十分に睡眠をとれないため、しっかりと睡眠をとって休息をすることができません。

 

前日の嫌な気持ちを引きずり、身体もだるい状態が続くということが少なくないのです。

 

その状態から新たな一日が始まるので、悩みがさらに深くなってしまいます。

 

このような日常が続くと、うつ病を発症してしまうことがあります。

 

つまり、不眠症はうつ病に大きな影響を与えるのです。

 

 

同じく、うつ病も不眠症に大きな影響を与えます。

 

不眠はうつ病に現れやすい症状の一つです。

 

うつ病を発症すると、眠れない、眠りが浅い、すぐ目が醒めるなどの睡眠障害を抱えます。

 

さらに、身体が鉛のように重い、だるいなどの症状も現れることがあります。

 

これらのことからわかる通り、うつ病も不眠症に大きな影響を与えるのです。

 

 

不眠症がうつ病に大きな影響を与えるため、うつ病が改善しても不眠症が続く場合、うつ病を再発するケースが少なくありません。

 

また、不眠症を抱える方はうつ病になりやすいことがわかっています。

 

両者には密接な関係があることを理解して、気になる症状が現れた方は、改善に取り組まなくてはなりません。

 

 

まずはリラックスが重要

 

不眠症とうつ病には密接な関係があります。両者ともに、ストレスが大きな原因になることは間違いありません。

 

ストレスの内容は人により異なりますが、ストレスとの向き合い方が不眠症・うつ病の発症に関わると考えられています。

 

不眠症やうつ病にお悩みの方は、押しつぶされそうな毎日を過ごす中で、意識的に自分の時間を作るなど、自分らしくいられる瞬間を作っていくとよいでしょう。

 

ストレスから逃れる時間を作ることができるかもしれません。

 

 

不眠症とうつ病には以上の関係があります。

 

現代人に多い病気なので、小さな兆候を見逃さないようにしましょう。

 

 

おすすめ商品