不眠症は睡眠の質が悪い

不眠症と一言で言っても症状は人によって様々です。

 

まったく眠れないという人もいれば、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまう人もいますし、眠れはするが朝の目覚めが悪いという人もいます。

 

どのような症状であれ、辛いことに変わりはありませんので、できるだけ早いうちに不眠症から抜け出すための対策を講じる必要があります。

 

眠れないという悩みで病院に行くと、精神安定剤や睡眠薬を処方されることが多いですが、薬に頼りたくないと考える人も多いことでしょう。

 

その場合は、ご自身でできることから取り組んでみると良いでしょう。

 

まったく眠れないという日々が続くなら、早めに病院の診察を受ける必要がありますが、軽い症状の場合は睡眠の質を高めることに意識を向けて努力するだけで改善できることも多々あります。

 

ではさっそく、睡眠の質を高められるオススメの方法をご紹介していきます。

 

まず、寝る前にリラックスした状態を作ることが大切です。

 

心も体も緊張感がない状態で布団に入ることができれば、自然と深い眠りに入ることができます。

 

緊張感をほぐすには、温めのお風呂にゆっくり浸かるのもいいですし、ココアやハーブティーなどリラックス効果の高い温かいドリンクを飲むのもオススメです。

 

これらを試してみて、ホッとする感覚を感じたのなら、それは心からリラックスできている証です。

 

この感覚を覚えておくと、「今の体は緊張状態にあるのだろうか?」と自分で判断できるようになります。

 

緊張しているかもしれないと思ったら、上記のような入浴やホットドリンクを試すのもいいですし、軽くストレッチをして体をほぐしてみても良いでしょう。

 

過度な運動は体を興奮させてしまいますが、ストレッチ程度の軽い運動はリラックス効果が高いため、睡眠の質を上げることができます。

 

もうひとつ、睡眠の質を上げるために大切なことが、ぐっすり眠れる環境を整えることです。

 

部屋は真っ暗にするのが理想的ですし、うるさい音が聞こえない場所で眠ることも大切です。

 

寝る直前に携帯やスマホ、パソコン、テレビなど強い光を発する画面は見ないようにしましょう。

 

これらの対策は特別難しいことではありませんし、やろうと思えば誰でも簡単にできますので試してみてください。

 

ぐっすり眠れないのが当たり前という考えでいると、症状を改善させようという意欲すら持てないかもしれませんが、放置しておくとますます症状を悪化させてしまうこともあるため、質の良い睡眠を目指してできることから取り組んでみてください。

 

 

おすすめ商品