疲れが取れない理由を睡眠不足から探ろう!

なかなか疲れが取れない、といったことも実際にあります。

 

特に、年齢が高くなるごとにそういった症状に悩まされている方が多いのです。

 

若い時には、寝ればすぐに疲れがとれたのに、1週間たってもまだ疲れている、なんてことも考えられるわけです。

 

こちらでは疲れが取れない理由について、寝不足を中心にお話します。

 

 

■睡眠不足が続くと疲れは絶対に取れない

 

・睡眠時間を確保しなければ、疲労が蓄積されてしまう

 

我々の身体のシステムとして、心身の疲労回復には睡眠が大きく関わっているのです。

 

寝ることによって、心と体の疲労が回復されます。

 

しかし、睡眠時間が足りないと、心身の疲労が回復しません。

 

残ってしまうのです。

 

その結果、いつまでたっても身体が疲れている状態が続いてしまいます。

 

そもそも、なんで人間は睡眠を取らなければならないのでしょうか。

 

それは、心身の疲労を回復するためなのです。

 

眠らなければ我々は生きてはいけません。

 

疲れが残ったままの生活は辛いですよね。

 

いかにして睡眠時間を確保するか、といったことを考えて実行するべきです。

 

少しでも早く布団に入る、といったこともおすすめですよ。

 

また、リラックス効果のあるようなハーブを利用する、なんてことも考えておくのがおすすめです。

 

睡眠以外にも疲れが取れない原因があります。

 

そちらも紹介させてもらいますね。

 

 

■疲れが取れない原因|運動不足である

 

・体を動かさないことが、かえって疲労を高めてしまう

 

普段から運動をしていないと、ちょっとしたエネルギーの消費でも疲れがたまってしまうことがあるのです。

 

日常から運動をすることで、筋力も高められます。

 

筋力が高まることで、ちょっとした運動でも疲れが出にくくなります。

 

そもそも、筋肉モリモリの人と何も運動していない人が5キロのダンベルを持ったらどうでしょうか。

 

明らかに運動をしていない人のほうが辛いですよね。

 

同じ運動をしても、日頃から身体を使っている人は疲れにくい、といった特性があるわけです。

 

 

・便秘を招くことで疲労が回復されないことも

 

運動をすることで、胃腸の蠕動運動が活発化します。

 

しかし、体を動かさないと、胃腸の蠕動運動が起きにくくなり、結果的に便秘の症状が出てしまいます。

 

便秘になると、腸からの栄養の供給といったものにも問題が出ます。

 

栄養素が全身に送られにくくなり、疲労感が出てしまうのです。

 

カラダに栄養が満ち足りている状態にしなければ、疲労回復は難しいですよ。

 

 

おすすめ商品