深い睡眠が取れるように心を落ち着かせる効果的な方法

寝るためには、精神的な落ち着き、といったものが重要です。

 

たとえば、イライラして興奮状態の時ってなかなか眠れませんよね。

 

心が落ち着いていなければ、スムーズな眠りを獲得できないのです。

 

こちらでは、深い睡眠が出来るようにするための心の整え方について詳しく解説します。

 

寝付きが悪い、といった方は必見ですよ。

 

 

■アルコールを飲まないようにすること

 

・アルコールに眠りを頼らないこと

 

寝るためにアルコールを飲む、といったことをしている方が多いのも事実です。

 

しかし、全くの逆効果になってしまうことがあるんですよ。

 

アルコールを飲むと楽しい気分になる、なんて思っている人もいるわけですが、さまざまな研究から分かっていることがあります。

 

アルコールを飲むと、嫌なことがフラッシュバックしてきてしまう確率が強い、なんてことがわかってきたのです。

 

ですから、寝る直前にアルコールを飲んでしまえば、嫌なことを思い出してしまうかもしれません。

 

イライラとしてしまったり、落ち込んでしまうなど、心理面的なマイナスが非常に大きいのです。

 

そんな状態ではスムーズな寝付きを獲得できることはありません。

 

 

・アルコールの効果は徐々に弱くなる

 

もちろん、最初はアルコールによって寝付きが良くなることもあります。

 

しかし、その効果は徐々に弱まってしまうのです。

 

その結果、かえって夜中に目が冷めてしまう、といった逆効果が現れてしまうこともあります。

 

 

■布団の中で考え事はしないこと

 

・悩みを布団の中には持ち込まない!

 

昼間にあったことをあれこれ考えてしまうのは大きな問題です。

 

心配した状態が続いてしまうことになるので、神経が活性化して身体が覚醒してしまいます。

 

誰しも悩みはあると思います。

 

しかし、それを眠りの直前まで抱え込んでしまってはいけません。

 

寝る時は、悩みも一時的に忘れて下さいね。

 

 

■「寝なきゃ」といった強迫観念を持たないこと

 

・自分で自分を追い込まないのが重要

 

寝付きが悪い人にありがちなことですが、早く寝なきゃ、と思ってしまうことがあります。

 

もちろん、寝なければいけないわけですが、寝ようと思えば思うほど心が焦ってしまい、神経に大きな影響を与えてしまうのです。

 

体が興奮状態になってしまい、眠れたとしても眠りが浅くなってしまいます。

 

人間は、多少睡眠時間が短くなっても特に大きな問題はありません。

 

すぐに死んでしまうようなこともないのです。

 

強い強迫観念を持たないで、ゆったりとした気分で睡眠と向き合ってください。

 

 

おすすめ商品