食べ物からも不眠に対処できる?安眠効果のある食材とは

眠いれなくて悩んでいる方は、食べ物にもこだわるべきです。

 

実際に、安眠効果の高いとされる食材も多くあるんですよ。

 

こちらでは睡眠障害がある方に向けて、おすすめの食材を紹介します。

 

積極的に食べて、睡眠障害に対処しましょう。

 

 

■カルシウムのたくさん入っている食材を食べること

 

・カルシウムにはリラックス作用がある

 

寝るためにはリラックスが非常に大切です。

 

リラックスになると、副交感神経が活発化して、眠りにつながってくるわけです

 

一方で、緊張感が高まると交感神経が活発化して、眠りにくくなってしいます。

 

そこでカルシウムが大きい役割を果たしてくれます。

 

カルシウム自体には、リラックス作用があることが分かっています。

 

足りなくなってしまうと、イライラの原因になってしまうことも有るので、積極的に摂取して下さいね。

 

【カルシウムを多く含んでいる食材例】
・乳製品(牛乳・チーズなど)
・小魚類
・大豆製品(豆腐・納豆・豆乳など)

 

 

■睡眠にかかわる物質にかかわる食材を食べること

 

・メラトニンの分泌をしやすくする食品を食べるべき

 

我々の眠気に大きく関わっているのが、メラトニンといった物質になります。

 

我々は眠るときにメラトニンが分泌されているから眠くなる、といったシステムを持っているのです。

 

メラトニンが分泌されなければ眠気が来なくなってしまいます。

 

睡眠のホルモン、とも呼ばれているのがメラトニンなのです 。

 

【メラトニンの分泌作用がある食材とは?】
・スイートコーン
・お米
・かいわれ大根
・オーツ麦

 

 

・トリプトファンの分泌を促進させてくれる食材を食べるべき

 

トリプトファンに関しても、睡眠を誘発させてくれる機能があります。

 

トリプトファンを積極的に分泌してくれるような食材を摂取することで、眠気がやって来やすくなるわけです。

 

しかも、トリプトファンの分泌を促進させる食べ物は比較的多いので、食事として取り入れやすい、といったメリットが有ることも確かなのです。

 

【トリプトファンにかかわる食材とは?】
・はちみつ
・ひまわりのため
・ばなな
・乳製品(牛乳やチーズなど)
・大豆製品(豆乳や豆腐、納豆など)
・魚介類
・お肉
・お米(玄米がおすすめ)
・豆類
・タマゴ
・ごま、など

 

比較的食材として摂取しやすいものですよね。

 

定期的、そして積極的に食べましょう。

 

ちなみに乳製品や大豆製品に関しては、睡眠にかかわる成分に大きくかかわっているのが分かっています。

 

睡眠に不安がある方は、毎日摂取しておきましょう。

 

 

おすすめ商品