あなたの睡眠をお助けする|快眠のコツを一挙公開

単に眠っただけでは、疲れが残ってしまうことがあります。

 

こちらでは、快眠をするためにはどんなことが必要なのか、といったお話をします。

 

簡単な事も有るので、早速今日から実施してみませんか。

 

 

■アロマを利用して快眠を得よう

 

・アロマのリラックス効果に注目する

 

リラックスしなければ、快眠状態を得られません。

 

ストレスがないような状態を作り出す必要があるのです。

 

アロマは香りから我々のカラダにいろいろな作用をもたらしてくれるのです。

 

特にアロマに多いのがリラックス系の効果です。

 

 

・特にラベンダーの香りがおすすめ

 

ラベンダーの香りにはリラックス効果が有るので、寝る前に利用してみるのがおすすめです。

 

実際に、ある研究ではノンレム睡眠を強化する、といったことが認められていました。

 

もちろん、香りには好き嫌いがあることは事実です。

 

誰でも得意、といった香りはないわけです。

 

まずは匂いを嗅いでラベンダーの香りが苦手ではないかを確かめてください。

 

もしも問題がなければ、早速ラベンターのアロマを活用しましょう。

 

 

■紫外線をなるべく浴びること

 

・光を浴びることが大切である

 

梅雨や雪国の冬は難しいですが、なるべくカラダに光を浴びせることは睡眠に大きな役割を果たしてくれるのです。

 

光を浴びることで身体がリセットされて、眠りの物質を夜になると分泌させてくれる効果があるんですよ。

 

特に大きな関わりがあるのが、眠気を導く成分であるメラトニンです。

 

光を浴びると、メラトニンの分泌は抑えられるのです。

 

しかし、夜になってくるとメラトニンの分泌が始まって眠くなる、といったことになるんですよ。

 

女性は紫外線を浴びたくないと思いますが、UVカット化粧品を使った上で浴びても効果が得られます。

 

ですから、不眠症で悩んでいるのであれば、対策化粧品を使った上でも良いので浴びて下さいね。

 

 

■体を積極的に動かすこと

 

・運動するのも効果的

 

身体を疲れさせる、といったこと以外にも注目してほしいことがあります。

 

それは一定のストレス解消効果です。

 

カラダを動かすことで、ストレスを溜め込みにくくなります。

 

一日中動かないでじっとしてしまうと、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

 

その結果、寝る時にストレスが出てきてしまい、寝付けない、といった症状が出てきてしまうのです。

 

自転車に乗るといったことでもウォーキングでも構いません。

 

ハードにカラダを動かす必要はありませんが、なるべく全身を使った行動を積極的にすべきです。

 

 

おすすめ商品