不眠に困った!寝ようとして寝れなかったらどうする?

寝ようとしても寝られない、といったことはほとんどの人が体験することです。

 

そんな時にどうすれば眠れるようになるのでしょうか。

 

ちょっとしたものの考え方もありますし、おすすめの睡眠導入方法についても解説します。

 

 

■身体の内蔵を温めること

 

・体の内臓が冷えると眠れなくなってしまう

 

胃腸などが冷えていると、その周辺の血管が影響を受けてしまいます。

 

血管が収縮してしまうのです。

 

血管の収縮状態は、身体が緊張しているのと同じような感覚でもあるのです。

 

そこで体を温めるために、温かい飲み物を寝る前に飲むことをおすすめします。

 

ただ、注意して欲しいのが、温かい飲み物の大腸であるお茶やコーヒーです。

 

それらには、カフェインが含まれているのでオススメできません。

 

 

・どんな温かい飲み物がおすすめなのか?

 

ホットミルクがおすすめです。

 

温かい飲み物、といった以外にもおすすめできる理由があります。

 

牛乳には、胃を守る機能があるのです。

 

牛乳を飲むと胃をコーティングしてくれるような機能があるのです。

 

寝ている時に胃に問題が起こると、それが気になって眠れなくなってしまうこともあります。

 

牛乳を飲めば、胃を守ることにもつながるので健康にも良い働きがあります。

 

また、ミネラルウォーターを暖かくして飲む、といったこともおすすめです。

 

特にカラダに与える影響はありません。

 

ホットミルクだと、少しカロリーも気になってしまう女性がいますよね。

 

水であれば、太る心配もありません。

 

 

■就寝前にセックスをする

 

・セックスをすることに酔ってリラックス状態が得られる

 

セックスレス状態になってしまっている夫婦に不眠症が多いことも分かっています。

 

セックスには、単なる性欲の解消効果があるわけではありません。

 

セックスをすることによってストレスが緩和されます。

 

リラックス状態が得られるのです。

 

更に注目して欲しいのが、満たされていると感じさせる化学物質が脳内で発生することです。

 

その結果、安心して眠りにつけることが分かっています。

 

自分一人でセックスが出来るわけではありませんが、夫婦で不眠症に陥っている場合には、セックスレスを解消するのが不眠症改善の第一歩になるかもしれません。

 

 

■眠るということに焦りすぎないこと

 

・眠れなくても深く考え過ぎないこと

 

その時の体調や心理的な状態で眠れない、といったこともあるわけです。

 

一旦考え始めるとネガティブになりがちです。

 

そんな状態を打破するためにも、睡眠時間が少なかったとしても、あまり心配しすぎないでください。

 

「寝ることを自分に強制しない」

 

このような考え方も大切なのです。

 

 

おすすめ商品