みんな経験している!?妊娠中の不眠症とその解決策とは?

妊娠中ってなかなか眠れないもの。

 

妊婦さんのうち9割が出産までの間に不眠症状を訴えているというアンケート結果もがあります。

 

けどどうして妊婦さんは眠れないのでしょうか?

 

ここでは妊婦さんが眠れない理由と、妊婦さんの不眠症を解決する方法をご紹介します。

 

 

1、妊娠初期の妊婦さんが眠れない理由と解決法

 

妊娠初期の妊婦さんがなかなか眠れない大きな理由は「つわり」と「不安」、「ホルモンバランスの変化による情緒不安定」です。

 

ほとんどの人がこの3つが全て絡み合って不眠症状を訴えています。

 

それぞれの原因ごとの解決法をまとめて見ました。

 

 

・ つわりが原因の不眠症

 

つわりを治療する薬はありませんが、症状を少しでも軽くする工夫をすることができます。

 

それが「食べられそうなものは躊躇なく食べること」です。

 

つわりが酷い人は何も口をすることができずに常に空腹状態です。

 

空腹はさらにつわりと不眠症を助長します。

 

つわりの時はジャンキーな食べ物を食べたくなりますがお腹の赤ちゃんへの栄養を考えて我慢するという妊婦さんがとても多いです。

 

ジャンクフードはよろしくないと言う考えは捨ててください。

 

つわりの時は食べられるなら何でも食べて大丈夫です。

 

寝る前に食べられるものを口に入れて寝るだけで、かなり楽になるはずです。

 

 

・ 不安が原因の不眠症

 

これから赤ちゃんが産まれてくることに対する不安が原因で眠れない場合、赤ちゃんが産まれた幸せな生活を頭の中で思い描くようにしましょう。

 

赤ちゃんを抱っこする自分の姿だけを想像しその他のことは少しだけ頭の隅に追いやってください。

 

そうすることで幸せな気分に包まれ眠りやすくなります。

 

 

・ 情緒不安定が原因の不眠症

 

妊娠中はホルモンの影響で情緒不安定になりがち。

 

急に悲しくなったり怒りがこみ上げきたり、ご主人が憎たらしくなったりすると思います。

 

そういう時は妊娠のことも赤ちゃんのことも忘れてゲームや読書でもしてみましょう。

 

不眠症にゲームはご法度ですがまずは心を落ち着けることが大切です。

 

 

・ 妊娠中期・後期の妊婦さんが眠れない理由と解決法

 

やっとつわりが収まり、お腹が大きくなり胎動が激しくなる頃になるとますます眠れない妊婦さんが増えます。

 

一番多くの妊婦さんが経験する不眠症は「胎動」「赤ちゃんのしゃっくり」「前駆陣痛」が原因の不眠症です。

 

お腹が大きくなって血流が遮断されることによる不眠症もあります。

 

はっきり言ってこれらの不眠症は理由が理由だけに簡単に解決することはできません。

 

胎動もしゃっくりも前駆陣痛も止めることはできませんし、止まったら困りますよね。

 

またこれらの原因とは無関係に、妊娠後期になると無駄に3時間ごとに目が覚めます。

 

これは赤ちゃんが産まれた時の生活の練習という説もありますので、これも改善は困難です。

 

気休め程度になりますが、抱き枕を使って気持ちの良い清潔な布団で寝るとよいでしょう。

 

 

おすすめ商品