不眠症になりやすい人となりにくい人の違いはここにある!

不眠症にはなりやすい人となりにくい人がいます。

 

同じようなストレスを与え、同じような仕事をしていても片方は毎日快眠、片方は常に睡眠不足、という正反対の人がいるのです。

 

そこで、不眠症になりやすい人となりにくい人の違いを調査してみました。

 

不眠症に悩んでいる人はなりにくい人の特徴を参考にしてみてください。

 

 

・ 不眠症になりやすい人の寝具となりにくい人の寝具の違い

 

不眠症の人の寝室を調べてみると高確率でマットレスが硬かったり、せんべい布団だったりします。

 

逆に不眠症になりにくい人の寝具は最適な硬さです。

 

睡眠と布団の硬さは密接に関係しています。

 

固すぎると体が十分に休まらず何度も目が覚めてしまいますし、柔らかすぎると暑苦しく眠りが浅くなります。

 

また、掛け布団の重さも重要です。

 

掛け布団が重い人は悪夢を見やすい傾向にあり、隠れ不眠になっているケースが少なくありません。

 

今は羽毛布団もかなり安くなっているのでオールシーズン使える羽毛布団を購入しましょう。

 

 

・ 不眠症になりやすい人となりにくい人はストレス発散方法が違う

 

しっかりとストレスを発散できている人は不眠症になりにくく、ストレスを溜め込みがちな人は不眠症になりがちです。

 

ストレスを溜め込みがちな人に話を聞いてみると、自分なりのストレス発散方法がほとんどないのです。

 

休日は一人でぼんやりテレビやネットを見ている、という人が少なくありません。

 

自分はストレスを溜めやすい、趣味がないな、と思ったら何でもいいので自分なりのストレス発散方法を考えましょう。

 

ショッピングでもカラオケでもジョギングでも構いません。

 

嫌なことがあったらこれをする!というマイルールを決めておくとストレスを溜めにくくなり不眠症を遠ざけることができます。

 

 

・ 不眠症になりやすい人となりにくい人の寝室

 

不眠症になりやすい人の寝室は間接照明や豆球が一晩中付いている上に遮光カーテンがありません。

 

不眠症になりにくい人の寝室は真っ暗で遮光カーテン付き。

 

人間は真っ暗な場所で寝るところで熟睡できるようになっていますので、少しでも灯りがあると脳がしっかりと休めません。

 

さらに明け方に段々と明るくなってしまうと、現代人はしっかりと睡眠時間を確保することができません。

 

日の入りと共に寝て、夜明けと共に起きる生活ができれば、遮光カーテンなんて必要ありませんが、そんな生活は中々難しいですよね。

 

太陽の光に貴重な睡眠時間を邪魔されないために、遮光カーテンは必ずつけておきましょう。

 

 

おすすめ商品