不眠症の人は過眠症になる危険性も!過眠症って何?

不眠症は聞いたことがあっても過眠症は聞いたことがない人が多いのでは?

 

ここでは過眠症の基礎知識と不眠症との関係をご説明します。

 

 

1、 過眠症とは?

 

過眠症とは、起きている時間に急に眠気に襲われ、起きていられなくなる病気です。

 

過眠症には以下の3つの種類があります。

 

どの過眠症も日常生活に著しい支障をきたしますので働くことが難しい、という人も少なくありません。

 

特に車の運転は過眠症にとっては鬼門ですので、運転をする仕事や車で通勤が必要な仕事は避けなければなりません。

 

 

・ ナルコレプシー

 

1000人から2000人に1人の確率で発症します。

 

日中に我慢できない眠気が何度もやってきて、何度も居眠りをするのが主な症状です。

 

金縛りにあったり、リアルな夢を見たりすることが多い様です。

 

爆笑したり、激怒したりといった感情をあらわにすると、突然体の力が抜けてしまう、という症状もあります。

 

 

・ 特発性過眠症

 

こちらの過眠症は、昼間の居眠りが1時間以上と長めなのが特徴です。

 

1時間以上寝ても、目覚めたらすっきりせずずっと眠気が続きます。

 

夜間も10時間以上眠るケースもあります。

 

 

・ 反復性過眠症

 

かなりレアな過眠症です。

 

強い眠気を感じる時期が3日から3週間程度続き、けろっと健康に戻ります。

 

しかし、再び同じ様な眠気を感じる時期が訪れます。

 

その時期は不定期に訪れるので本人がコントロールすることはできません。

 

 

2、 過眠症と不眠症の関係

 

過眠症の原因は「脳の機能異常」「夜間の睡眠障害」のいずれか、もしくは両方であること考えられています。

 

夜間の睡眠障害、とは不眠症のことです。

 

不眠症により夜間の睡眠時間が極端に短い場合、また夜間の睡眠の質が悪くノンレム睡眠がしっかりと取れていない場合は、昼間の過眠症を発症しやすいと言われています。

 

不眠症だけでなく、過眠症まで発症してしまったらまともに社会生活を送ることは困難を極めます。

 

 

3、 過眠になったらどうすればいい?

 

自分が過眠症の症状をある、と思ったら迷わずに病院に行きましょう。

 

不眠症だけの段階であれば、自己治療や生活改善などで対応ができますが過眠症を併発してしまうと自分で過眠症+不眠症まで治療するのは大変困難です。

 

病院で治療してもらいながら、自分でも夜間の睡眠の質を高める工夫をすることが大切です。

 

「人と話しているのに急に眠気に襲われる」「昼食後に耐えがたい眠気がくる」という人は過眠症の可能性がありますので、一度調べてもらいましょう。

 

 

おすすめ商品