不眠症とストレスの関係性

多くの人が悩む不眠症ですが、その多くの原因がストレスだと言われています。

 

 

自覚しているにしろしていないにしろ、不安やストレスが蓄積すると不眠症になります。

 

その不眠症の形は人それぞれで、中々眠れなかったり、夜中に何度も起きたり、

 

と千差万別です。

 

 

 

勉強や仕事、子育ての悩みに、近親者の死など、

 

ストレスの原因は私たちの日常生活にごろごろと転がっています。

 

そんな大きな悩みはないよ、

 

という人でも自分では気付かないようなちょっとしたストレスで眠れなくなってしまうことは、

 

良くあることです。

 

ストレスと不眠症は切っても切れない関係にあるのです。

 

 

ではどうしたらストレスが原因の不眠症を改善することができるのでしょうか。

 

 

そうすると、ストレスのもとを無くせばいいんだと考えがちですがストレスの原因を無くすことなど、

 

簡単にできるものではありません。仕事がストレスだからって辞めるわけにはいきませんよね。

 

もちろんストレスの原因を無くすことができるのならそれに越したことはありませんが、

 

それができないと言って悲観することはありません。

 

 

 

様々な方法でストレスを軽減したり、また、心をリラックスさせることが出来ます。

 

誰しも気軽にできる方法は、入浴方法を変えることです。

 

熱いお風呂に入って、汗を流すという人がいますが、それは逆効果です。

 

38度から40度ぐらいのぬるめのお風呂にゆっくり20分程度浸ることで、

 

副交感神経が刺激され、睡眠しやすくなります。

 

それから脳からα波と呼ばれる物質が出ると、ストレスが軽減されます。

 

 

 

この物質を出すにはヒーリング音楽やクラシック音楽を聴くことが効果的です。

 

これにプラスしてお香やアロマキャンドルなどでお気に入りの香り焚くとより、

 

リラックスできます。

 

 

 

そしてミルクやココアにを飲むのも効果的であると科学的に証明されています。

 

オピオイドペプチドと呼ばれる成分が、体の緊張をほぐしてくれるのです。

 

軽い運動やストレッチで体をほぐすと、心も軽やかになります。

 

その運動自体がストレスになってはいけませんから、ごくごく軽いもので構いません。

 

 

 

寝る直前に行うと逆効果ですので、睡眠の2時間ほど前に行うようにします。

 

このように、ストレス発散方法やリラックス方法は沢山ありますので、

 

自分にあった方法を見つけて、不眠症を予防&解消するようにしましょう。

 

 

 

これらの方法はどれも不眠症だけではなく、心の病気の予防にもつながりますので、

 

ストレスがたまっているな、と思ったら積極的に試してみてくださいね。

 

 

おすすめ商品